2012/10/28

日曜でしたが、いわゆる女子高生制服ファッションを見ることが出来ましたよ。
肩ぐらいまでの黒髪女子高生で、お休みモードなのか、元からそうなのかよく分かりませんが、薄いブルーと言うよりも水色と言った方が良いような、ブラウスでした。
もしかしたら平日は白かもしれません。
この女子高生も素材宜しく、休日に着飾っている20代女子と比べると、やはり自然で、より美しく感じます。
ですが、20代女子は20代女子で、女子高生よりも色っぽい格好をしているので、どっちもどっち?という感じです。
ちなみに、見ていた限り、街ゆく20代女子は、今日はほぼ黒のストッキングが多かったですね。黒ニーソも居ましたね。
夕方以降は天気が悪かったせいか、黒ストッキングが多かったような気がします。

 

で、雨がまだ降っていない時間帯に街でこの女子高生を見たわけですね。
今まで見ていたカーディガンの裾から色違いのプリーツスカートをチラ見せする、昨今の制服ファッションですが、この女子高生は、紺のカーディガン、水色のブラウス、青地にシルバー系ストライブのリボンタイ、紺のプリーツスカートで、色違いでは無いのですが、カーディガンと、スカートの生地が見た目違うので、ああ、チラ見せ制服ファッションだ、と分かったのですね。

 

やはり、このプリーツスカートチラ見せのファッションは、膝上設定20cm以上の、短いスカート丈設定で、むちむちの生足大腿を惜しげも無く披露してくれるところは、美しいモノを愛でられて、見る側としては素晴らしいの一言です。
やはり太めの脚ですが、後から20代の女子とかと比べると、20代以降でもそのまま太いか、それとも、膝から下が細くなるか、全体が細くなるか、この三通りくらいに別れるような感じです。今日、ちょっと街ゆく20代の女子の皆さんを見ていると、3通りくらいに別れるので、ちょっとよく分からないですね。

 

ちなみにこの女子高生は紺ハイソックスで黒ローファーと言う定番で、膝下はやはり健康的女子高生の少し太く感じる膝下です。
まぁこの世代はこういう太さがむしろ普通なので、病的に細いと、多分ですが、歳を重ねるとイロイロ体に問題が出てくるんじゃ無かろうか、と思う次第です。

 

茶髪も毛が薄くなるとか、本当か分かりませんが、頭皮に悪そうだという感じがします。
茶髪自体は、美容業界と、マスコミとか影響があるので、特にマスコミは信用出来ないので、茶髪にして、髪が薄くなっても、責任は自分にあるんだろうな、という感じです。
凄い茶髪というか、金髪に近い20代の女子が居ましたが、折角綺麗なストレートの髪ですが、10年後とか、どう変わるか見てみたいですね。